REPORT【報道】

20171014-02

 

 トロロッソはUSGPにダニール・クビアトとブレンドン・ハートレーを起用することを発表し、ピエール・ガスリーはスーパーフォーミュラの最終戦鈴鹿ラウンドに参戦することになった。これはレッドブルがスーパーフォーミュラのタイトル獲得に重きを置くホンダに配慮して決定したもの。

 

 今回の決定について、ホンダの山本雅史モータースポーツ部長は次のように語りレッドブルからの配慮があったことを示唆した。

 

「今回のハートレー選手の起用については、チームとして来季に向けたドライバーのテストの側面もあるかと思いますが、同時にガスリー選手をスーパーフォーミュラ最終戦で走らせたいというホンダ側の姿勢にリスペクトをいただいた上での判断だとも思っており、ご決断頂いたフランツ・トスト氏およびヘルムート・マルコ氏の決断には感謝しています。このような形にしていただいたからには、何としてもガスリー選手がタイトルを獲得できるよう、ホンダとして全力でスーパーフォーミュラ最終戦に臨みます」

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。