REPORT【報道】

20170928-01

 

 少なくとも1台は日本GPでの新品パワーユニット投入とペナルティ消化は不可避かと思われていたマクラーレン・ホンダだが、USGPまでは現状のまま戦い、マレーシアGPと日本GPではペナルティの影響を受けることなく入賞圏を目指して戦う意向を固めたようだ。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • konidin
    • 2017年 9月 29日

    Spec4の遅れは、McLarenから責められる事よりも、来年の開幕仕様へ向けての遅れに繋がる、事の方が心配。

コメントするためには、 ログイン してください。