REPORT【報道】

20170628-03

 

 アゼルバイジャンGPの週末にフェルナンド・アロンソのマネージメント陣が動いたことでアロンソの2018年を巡って様々な噂が巻き起こっているが、これは駆け引きのための“パフォーマンス”である可能性が高い。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (4)
    • konidin
    • 2017年 6月 28日

    交渉の駆け引きといっても、状況は見え見えで、誰も本気にはしない。
    ブリアトーレ、クサすぎる….

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2017年 6月 28日

      ほんと、冷静に見てる人間にはそう映るんですが、パドックには思いのほかアロンソ信者が多くて……。
      ホンダ批判の急先鋒B●Cのアン●リュー・ベ●ソンなんて生粋のアロンソオタらしいですからね(苦笑)
      そういう人たちからすると子供じみた駆け引きには見えないんでしょう。

    • cozystylejp
    • 2017年 6月 29日

    もしかしたらアロンソのやっている事はかなりセナに近いかもしれない。
    ただ、セナほどには愛されも嫌われもしていない。
    そして、セナほど劣勢を神懸かり的な走りで覆してもいない。
    ほんの僅かな差かもしれないが、セナファンには物凄く中途半端に感じる。

    近い将来にインディ500を勝ちたいならホンダと喧嘩別れするわけにはいかない。
    ルマン24時間を勝ちたいならチームプレイヤーに徹する姿勢も見せなきゃならない。

    アロンソにできる事はホンダを強く鼓舞しつつも「いつも彼らと共にある」姿勢を示しながら最高のドライブに徹するしかない。

    ルノー時代のアロンソはもう少しモチベーターだったような気がするのだが…

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2017年 6月 30日

      あの「エンジン、エンジン!」のFP-2の後、取材をしたスペイン人ジャーナリストがフェルナンドのことをボロっクソに言っていました。
      エンジンではなくギアボックスだと分かっているはずなのに、この期に及んでも自分のミスを認めようとしない、ヤツはエゴの塊だ、と。
      それでもイギリス人ジャーナリストたちはアロンソ信奉が強いから、ヤツの言葉を鵜呑みにして間違ったことを報じ続けている。
      全部クソだ、とかなり汚い言葉で罵っていましたね(苦笑)

      僕はセナに直接触れたことがないし彼がどうだったのか知る由もないけど、
      彼もエゴの塊だったとしても、母国メディアから罵られるような裏側はなかったんじゃないかと。

      セナが最後まで有力チームから引く手あまただったのに対し、
      フェルナンドどのチームからも「要らない」と言われてしまっている現状を見るにつけ、
      そこが「セナ」と「アロンソ」の違いなのかなぁという気がしますね。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年10月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031