REPORT【報道】

20170605-01

 

 依然としてパワーユニットの非力さに苦しめられてはいるものの、パワー影響の少ないモナコでは予選で好走を見せるなど、マクラーレン・ホンダMCL32はマシンパッケージとしての進化を果たしてきている。スペインGP・モナコGPでは空力面の進化が大きかったが、あまり注目されることがないメカニカル面でもマシン性能に大きく貢献する特徴的な工夫が凝らされている。そのひとつがかなり攻めた設計のドライブシャフトだ。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31