REPORT【報道】

20170507-01

 

 パワーユニットを開発する各メーカーの人材確保競争が激化している。メルセデスAMG製パワーユニットを開発する英国ブリックスワースのメルセデスAMGハイパフォーマンスパワートレインズ社(メルセデスHPP)は、他社のヘッドハンティングによるエンジニアの移籍を最小限に抑えるために、ガーデニング休暇契約の見直しを大急ぎで推し進めている。

 

 昨年、フェラーリはメルセデスHPPから大量のエンジニアをリクルートした。そのことが今年タービュランスジェットイグニッション技術を大幅に進化させてメルセデスAMGと並ぶパワーユニット性能を確立する大きな要因になったと言われている。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年12月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031