REPORT【報道】

20170324-02

 

 開幕戦オーストラリアGPで、改めてホンダのパワー不足がはっきりと突き付けられた。『F1LIFE』で既報の通り現状のRA617Hはジェットイグニッション技術を導入したもののその点が未成熟なままでの実戦投入となり、ICEの燃焼に苦労している。マッピングによる燃焼の改善も必要ではあるが、根本的な解決には燃焼室、つまりICEのハードウェアの変更が必要になる。

 

 では、アップデートの投入はいつになるのか?

 

 長谷川祐介F1総責任者に現在の状況を聞いた。

 

ーー現時点のRA617Hですが、開発目標のパワーを達成できていないということですが、この厳しい状況というのはいつくらいから分かっていたんでしょうか?

「目標としたところまでいっていませんし、蓋を開けたところで他との差が大きかったということもあります。自分たちの目標としたほどパワーが出ていないというのは、事前に分かっていました。しかしその時点ではまだ他社がどのくらい伸びてくるかは分かっていなかったわけで、そういう意味では本当に『これはダメだな、これじゃマズいな』と思ったのはバルセロナ合同テストです。もちろんその前から『これはちょっとマズいな』とは思っていましたけど(苦笑)、完全にこれじゃダメだと分かったのはバルセロナで他社のパワーを見てからです」

 

ーーということは、他社の伸びしろはホンダが想定していたよりも大きかったということですか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。