REPORT【報道】

20170226-01

 

 2017年シーズンに向けて開発されたホンダのパワーユニットRA617Hは、トークン制度の廃止に伴い大幅にデザインを刷新して生まれ変わっている。その根幹となるのは、パワーアップと軽量化・低重心化だ。そしてそれを果たすために採られたのが、MGU-Hの大幅なレイアウト変更だ。

 

 MGU-Hは従来、ICEの後方ギアボックス前方に配置されたTCの前方に直結されていて、つまりICEのVバンク内側に納められていた。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年3月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031