REPORT【報道】

20161212-01

 

 GP3参戦1年目の福住仁嶺は、ヨーロッパ初挑戦ながら初戦バルセロナのレース1で3位表彰台を獲得する素晴らしい滑り出しを見せた。

 

 しかしその後は低迷が続き、チャンピオン争いをするチームメイトのシャルル・ルクレールやアレクサンダー・アルボンらに大きな差を開けられてしまった。そんな福住仁、2016年シーズンを振り返るとともに、来季への展望も語ってもらった。

 

ーーGP3で1年目のシーズンを終えた今の気分は?

「はっきり言って、あんまり満足できないシーズンでした。開幕前のテストの段階では調子が良くて、バルセロナの開幕ラウンドは悪くなかったんですけど、その後のレースは結構良くなくて……ガッカリするようなレースが多かったです。きちんと完走できるレースも少なかったし。ただ最後の2ラウンドはレース2とはいえ2戦続けて表彰台に乗ることもできましたし、そのへんの安定性も出てきたかなと思います。でも予選の一発の速さとレースペースの速さが足りていないのは課題です」

 

ーー開幕前はここまで大変だとは思っていなかった?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • ManGok
    • 2016年 12月 13日

    初戦の表彰台で、「これはもしや!」と思いましたけど、そこから波に乗れませんでしたね。
    でも最終戦でキチンと表彰台に乗ってみせたのは、来年に向けてとてもいい流れになっていると思います。
    福住選手はとても社交的なように見えますね。良い感じにチームに溶け込んで、来年はチャンピオン争いをしてもらいたいですね!

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2016年 12月 13日

      GP3は抜きづらいクルマだし1チーム4台の混戦だし、GP2以上に難しいシリーズですね。でもルクレールやアルボンのように速いドライバーは常に上位にいますからね。仁嶺くんはあんまり社交的なタイプではないですが、アルボンと仲が良くてそこに引っ張ってもらってる感じですね(苦笑)

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2017年10月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031