REPORT【報道】

20161028-01

 

 マクラーレン・ホンダがエクソン・モービルとの契約をレッドブルに奪われ、来季からはBP(カストロール)と新たに契約を結んだという。しかし現在の複雑なパワーユニットの性能を最大限に引き出すためには、そのシステムに適応した燃料の開発が不可欠で、数十馬力の差を生むと言われるだけに、この時期での燃料・オイルメーカーの変更には不安の声もある。

 

 エクソン・モービルがレッドブルに移ったのは、もちろん成績面でその方がPR効果が高いと判断したため。マクラーレンとしては、今年のTAGホイヤーに続いてエクソン・モービルまでレッドブルに奪われるかたちとなった。

 

 ホンダは2年間にわたってエクソン・モービルと現行パワーユニット用燃料の開発をともに進めてきて、その過程で何度かのアップデートとパワーアップを果たしてきた。

 

 そのモービルとの関係が断たれ燃料メーカーが変わるに当たって、ホンダの長谷川祐介F1総責任者は「変わるとしたら大変ですが、今の時点では何も申し上げられない」とノーコメントの姿勢を見せている。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031