REPORT【報道】

01_1007828189-5018102812014

 メルセデスAMGのニューマシンF1 W05は、ヘレス合同テスト初日の朝8時20分にピットレーンでそのベールが剥がされた。しかし1月24日にはすでにブラックリーのファクトリーにほど近いシルバーストンでPR撮影を兼ねたシェイクダウンを済ませており、基本的なシステムチェックは完了している。そのためヘレスでは初日からライバルたちに先駆けて本格的な走行を開始することができたのだ。

 

 昨シーズンは一躍トップ争いに加わりランキング2位に躍り出たメルセデスAMGは、レギュレーション変革の今季、いよいよタイトル獲得へと動き出した。マクラーレンから獲得したパディ・ロウが技術面のエグゼクティブディレクターとなったが、F1 W05の開発を考えても、エンジン供給契約の早期解約を巡って昨季中に半年も早いチーム加入が実現した意味は大きかったと見るべきだ。2010年のチーム創設からこれまでチーム代表を務めてきたロス・ブラウンが退任し、ビジネス面のエグゼクティブディレクターとなったトト・ウォルフとロウの2人でチームの指揮を執っていくことになる。

 

02_990466242-75772812014

 ボブ・ベル(テクニカルディレクター)、アルド・コスタ(エンジニアリングディレクター)、ジェフ・ウィリス(テクノロジーディレクター)など3人のテクニカルディレクター経験者を擁するだけでなく、昨年中にレッドブルからマーク・エリスやジル・ウッドといった人材を引き抜き、ビークルダイナミクスとシミュレーション技術の強化を図るなど、より一層のチーム技術体制の構築を進めてきた。メルセデスAMGは2014年に向けて本気だ。

  

 ブリックスワースのメルセデスAMGハイパフォーマンスエンジンズが開発した新パワーユニットPU 106A Hybridの完成度も高く、またワークスチームであるがゆえのメリットも最大限に生かして、マシン開発はどこよりもスムーズに進んだようだ。すでにシェイクダウンを済ませていたこともあり、ヘレスでは初日にフロントウイング脱落のトラブルに見舞われながらも素早く対処し、ライバルを大きくしのぐ周回数を稼いだ。信頼性の確立と基本的なデータ収集は完了し、最終日にはダンプコンディションながらも早くもレースシミュレーションで65周を走破してしまったほどだ。

 

03_990466242-325572812014

 

 F1 W05は奇をてらったところのない仕上がりを見せているが、サスペンションなど一部にはアグレッシブな空力デザインも見られる。リアカウルはコンパクトに絞り込んでいるにもかかわらず熱の問題は起きていないようで、ワークスチームであるがゆえの新型パワーユニット運用のアドバンテージは明らかだろう。だからこそ、空力面で攻めたデザインアプローチを採ることもでき、空力性能でライバルたちに対して差を付けることも可能になるかもしれない。

 

 2014年のメルセデスAMGはこのF1 W05でさらに大きな飛躍を見せてくれそうだ。

(text by 米家 峰起 / photo by Wri2, Mercedes AMG)

04_990466242-365372812014

【TECHNICAL SPECIFICATIONS】MERCEDES AMG F1 W05 

Chassis

Monocoque

Moulded carbon fibre and honeycomb composite structure

Bodywork

Carbon fibre composite including engine cover, sidepods, floor, nose, front wing and rear wing

Cockpit

Removable driver’s seat made of anatomically formed carbon composite, Sabelt six-point driver safety harness, HANS system

Safety structures

Cockpit survival cell incorporating impact resistant construction and penetration panels, front impact structure, prescribed side impact structures, integrated rear impact structure, front and rear roll structures

Front Suspension

Carbon fibre wishbone and pushrod activated torsion springs and rockers

Rear Suspension

Carbon fibre wishbone and pullrod activated torsion springs and rockers

Dampers

Penske

Wheels

Advanti forged magnesium

Tyres

Pirelli

Brake system

Carbon / carbon discs and pads with rear brake-by-wire

Brake calipers

Brembo

Steering

Power assisted rack and pinion

Steering wheel

Carbon-fibre construction

Electronics

FIA standard ECU and FIA homologated electronic and electrical system

Instrumentation

McLaren Electronic Systems (MES)

Fuel system

ATL Kevlar-reinforced rubber bladder

Lubricants & fluids

PETRONAS Tutela

 

Transmission

Gearbox

Eight-speed forward, one reverse unit with carbon fibre maincase

Gear selection

Sequential, semi-automatic, hydraulic activation

Clutch

Carbon plate

 

Dimensions

Overall length

4800mm

Overall width

1800mm

Overall height

950mm

Overall weight

691 kg

  

Mercedes-Benz PU106A Hybrid

Power Unit Specification

Type:

Mercedes-Benz PU106A Hybrid

Minimum weight:

145 kg

Power Unit Perimeter:

Internal Combustion Engine (ICE)

Motor Generator Unit – Kinetic (MGU-K)

Motor Generator Unit – Heat (MGU-H)

Energy Store (ES)

Turbocharger (TC)

Control Electronics (CE)

Power Unit Allocation:

Five Power Units per driver per season

 

Internal Combustion Engine

Capacity:

1.6 litres

Cylinders:

Six

Bank angle:

90

No of valves:

24

Max rpm ICE:

15,000 rpm

Max fuel flow rate:

100 kg/hour (above 10,500 rpm)

Fuel injection:

High-pressure direct injection (max 500 bar, one injector/cylinder)

Pressure charging:

Single-stage compressor and exhaust turbine on a common shaft

Max rpm exhaust turbine:

125,000 rpm

 

Energy Recovery System

Architecture:

Integrated Hybrid energy recovery via electrical Motor Generator Units

Energy Store:

Lithium-Ion battery solution, between 20 and 25 kg

Max energy storage/lap:

4 MJ

Max rpm MGU-K:

50,000 rpm

Max power MGU-K:

120 kW (161 hp)

Max energy recovery/lap MGU-K:

2 MJ

Max energy deployment/lap MGU-K:

4 MJ (33.3 s at full power)

Max rpm MGU-H:

125,000 rpm

Max power MGU-H:

Unlimited

Max energy recovery/lap MGU-H:

Unlimited

Max energy deployment/lap MGU-H:

Unlimited

 

Fuel & Lubricants

Fuel

PETRONAS Primax

Lubricants

PETRONAS Syntium

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年10月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031