REPORT【報道】

00_P7252040

 

 グランプリの現場ですでにホンダのマシンが活躍!? それも、こんなのが10台以上ズラリと並んでいるのです。

 

 実はこれ、GP2のチームが使っているバギーです。

 

 GP2はF1のパドックとは離れた場所にパドックが設置され、ガレージを設営します。マシン整備はそこで行ないますし、全ての機材もそちらに置いています。しかしレースや走行セッションで使用するのはF1と同じピットレーン。ですからセッションのたびに最低限の工具やスペアタイヤ、スペアパーツなどはF1のピットレーンへと運ばなければならないのです。

 

 そこで登場するのがこのバギー。

 

01_P7252052 02_P7252056

 

 全チームがスペアパーツを満載した工具箱とスペアタイヤのカートをこのバギーで引っ張ってピットレーンへと向かいます。ヨーロッパで販売されているホンダ製のオフロード用バギーです。

 

 こういう場面で使用するのは、メンテナンスフリーで滅多に壊れることのない日本製品。信頼性は抜群です。本来はアウトドアでのレジャー用や畑仕事での利用を目的として作られたものだけに、パワーも信頼性も抜群なのです。

 

 スペックはチームによって多少の違いはありますが、排気量300〜600ccくらいのエンジンを搭載したマシン。カンポス・レーシングの場合はFourtraxというモデルを使用していますね。時には工具箱とスペアタイヤカートだけじゃなくスタッフもこれに乗っけていきますが(GP2パドックからの距離が遠いときなど)、それでもパワーは充分です。

 

03_P7252050 04_P7252036

 

 ハンドルのところに取り付けられたニワトリの人形は、スタッフのお遊び。身体の部分を押すとブーブー鳴るゴム人形で、クラクション代わりというわけです。

 

(text and photo by 米家 峰起)

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2017年6月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930