REGULAR【連載】

20171104-02

 

 F1界の事情をよく知る関係者たちの、ここだけのヒソヒソ話を、USGPの現場からお届け。パドックの関係者だけが知る裏話だったり、噂話だったり、記名原稿には書けないようなびっくり仰天の話が飛び出す!?

 

・  ・  ・

 

関係者A「オースティンはとにかくピンク祭りだったね。タイヤ、ピットレーン、チームウェアなどなど……」

関係者B『欧米ではすごくポピュラーだけど、今年のF1はF1界全体でちょっとやりすぎた感があったよね。本来はピンクのリボンを付けるっていうのが乳がん啓蒙活動になっていて、リボンか何かピンクのものを身に着けるくらいで良いのに、ピンク色のシャツにしちゃったり、F1も公式サイトをピンク色にしちゃったり。あそこまで行くとちょっと悪ノリ感すら漂っていたよ』

関係者A「メルセデスAMGやレッドブル、フェラーリなど上位チームはリボンの絵をマシンやサインボードに付けたりと、あくまで控え目にやってたね。フォースインディアとウイリアムズは日曜日だけピンク色のシャツ。というも、シャツは1人1枚ずつしかなかったから(苦笑)」

関係者B『なのにマクラーレンだけはシャツにキャップにヘッドセットのマイクにとあれこれやっちゃってさ。シャツも全員の4日分用意してるわけだし。節度を知らないというか、ホントに悪ノリでやっちゃってる感じがして痛々しかった』

関係者A「あれが今季初の長袖Tシャツだったんだけど、寒くて上着を着ちゃうとピンクが見えないっていう企画倒れでもあったし。100名近い現地スタッフにそれぞれ4枚ずつ作っても他のグランプリでは使えないわけだしね」

関係者B『そういう無駄遣いもホンダというタイトルスポンサーがいなくなる来年はできなくなるんだから、チームの人間も一流チームだっていう根拠のないプライドは改めないとなぁ……』

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。