REGULAR【連載】

20170912-01

 

 オートポリスで行なわれたスーパーフォーミュラの決勝後会見でピエール・ガスリーが「2〜3日中にニュースがあるかも」と語ったと報じられていました。

 

【AUTOSPORT Web】F1緊急昇格のウワサが流れたガスリー、優勝会見で「この2〜3日で動きがあるかもしれない」

 

 僕は現場に行っていたわけでもないし直接取材したわけでもなかったのですが、こうした記事に囲繞されたコメントにちょっと違和感があるなぁと思っていました。以前カルロス・サインツがFIA会見で他チームとの交渉の可能性を匂わせただけでレッドブル(というかドクターマルコだと思いますが)は激怒しましたし、ガスリーが契約に絡むこういった具体的なことを軽々に話すとは思えなかったからです。

 

 すると、スーパーフォーミュラ公式サイトでその会見の模様が公開されていて、ガスリーがどう話したのかが確認できました。

 

 https://youtu.be/ukxp-8sJy0M

 

 実際にガスリーが話した内容は、「色んなことが起きているのは知っているけど、今後数日のうちに何が起きるか見守る必要があるね」というもの(動画の16:50〜)。

 

 他に「次のレースまで数日しかないし、マレーシアGPはすぐにやってくる。どうなるか待つ必要があるけど、マレーシアGPで乗れれば良いなと思っているよ」とも話しています。

 

20170912-02

 

 フランス語が母国語のガスリーは、英語で「couple of days」「a few days」という表現をしています。学校の授業だと「2〜3日」と訳すと教えられるこの表現ですが、実際のニュアンスとしてはそんな具体的な日数ではなく漠然とした期間を表わすもので、2〜3日の場合もあれば1週間ということもありますし、それはその話をしている周りの人たちにとっての共通認識としての「近いうち」という感覚を表わすものです。それが厳密に何日間か?なんてことは問題ではありません。

 

 この会見でガスリーが言った「次のレース」というのがF1の次戦シンガポールGPのことなのか、スーパーフォーミュラの次戦菅生のことなのかははっきりと分かりませんが、2連勝のことを語っていた話の文脈やニュアンスからすれば、シンガポールGP翌週の菅生ラウンドのことで、その翌週のマレーシアGPに出られると良いね、という意味で語っているように解釈できます。

 

 ガスリーが言った「a few days」というのは、あくまで「近いうちに」とか「そのうち」という漠然とした表現であって、「2〜3日中に」というような具体的なことではないと思います。いずれにしてもシンガポールの現場には来るでしょうから(スパやモンツァにもいたけど)、直接確認してみましょう。

 

 まぁ、4者が絡む例の事案について、いつ、どれだけ正式発表されるかにもよりますが……。

 

(text by 米家 峰起 / photo by Honda)

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年9月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930