F1リアルスコープ

GRID-SENSOR-01

 

 オーストリアGPのバルテリ・ボッタスのスタートがジャンプスタート、いわゆるフライングではないかと問題になったのも記憶に新しいところですが、ではジャンプスタートの判定はどのように行なわれているのでしょうか?

 

 かつては目視による判定のみで、1980年代以前のレース映像を見るとかなりアバウトな運営だったことが分かりますが、今はグリッドについた各車の動きがセンサーで自動判別されているということは広く知られているところ。

 

 この写真のように、各グリッドの下には筒状の穴があいており、ここにセンサーが埋め込まれています。このセンサーはサーキットではなくFIAとFOMによって管理されている設備であり、F1以外のレース時には存在しません。F1を開催するサーキットには、このセンサーを埋め込むための穴の設置が義務づけられているのみです。こちらはまさにレッドブルリンクのグリッドです。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930