F1リアルスコープ

MGP-GENERATOR-01

 

 バーレーンGPでポールシッターのバルテリ・ボッタスのペース不振の原因になったのが、発電機のトラブルでした。

 

 スターティンググリッドには、このようなカート状の装置で必要な機材を持ち込みます。この中に内蔵された発電機が故障し、タイヤウォーマーに給電ができなかったことでタイヤ温度が下がり、その状態でスタート3分前のタイヤ装着の時点でフロント21.5psi、リア20.5psiの最低内圧に設定しなければならず、走行開始とともにタイヤ温度が上昇し内圧もこれより遥かに高い数値になってしまったからです。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。