F1リアルスコープ

RBR-PITSTOP-CAR-01

 

 バルセロナ合同テストの第2週目、朝の8時15分から15分間だけ、レッドブルのピットガレージ前に姿を見せる特別なマシン。それがこのRB12改です。レッドブルがピットストップ練習のためだけに開発した、2017年型寸法のマシンです。

 

 開幕前テストではピットストップ練習も重要なテスト項目のひとつであり、テストセッション中にも幾度となく行なわれます。マシンが何周かのランを終えてピットインするたびにタイヤ交換練習を行なうチームもありますし、レースシミュレーションの中で実戦同様に“ライブピットストップ”と呼ばれる本格的なピット練習を行なうチームもあれば、ピットストップ練習のためだけに毎周毎周ピットインして走行を続けることさえあります。

 

 本来ならば、朝9時から午後6時までのテストセッション外でもピットストップ練習を行ないたいところ。しかしできたてほやほやでスペアパーツも少ない新車を使って万一壊してしまうと大変ですし、場合によっては気流センサーなどの計測装置がすでに取り付けられていたりしますし、そもそもマシンを衆人環視の元に置きたくないので、そんなことはできません。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。