REGULAR【連載】

20170117-02

 

「GARDENING LEAVE」(がーでにんぐ・りーぶ)

 

 これはみなさんもうご存じのF1ギョーカイ用語ですね。直訳すると「庭いじり退職」という感じですが、元々はイギリスの金融関係の雇用者の間で使われている言葉で、日本では「ガーデニング休暇」と訳されることが多いというかひとつの用語として定着していますね。

 

 つい先日もメルセデスAMGの技術部門トップだったパディ・ロウがこのガーデニングリーブに入ったという発表がチームからなされたばかり。常にライバルチームに先駆けて独自開発を進めているF1チームにとっては「契約期間が終わったからといってすぐに他チームに移ってその開発内容を持っていかれてしまうとかなわん」ということになります。ですから「チームを離れる際にはこのガーデニングリーブを挟んでから他チームに移籍してね」ということです。

 

 この「ガーデニングリーブを取りなさい」というのは最初から契約に含まれていて、6カ月間と定められていることが多いようです。例えば2015年6月に2年契約を交わして、契約の更新をしないことにした場合、最後の6カ月間はガーデニングリーブに充てられるわけです。要するに、強制的な有給休暇みたいなもの(人によっては「2年間の契約を満了した後に6カ月間は他で働けませんよ」という強制的なニート状態にされる契約形態もありますが)。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年12月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031