REGULAR【連載】

20161118-01

 

 ユナイテッド航空の機内にはWIFIが飛んでいて、PCやiPhone、iPadなどで接続して機内エンターテインメントを楽しむことができます。シートについている個人モニターよりも自分の画面で見られちゃうわけです。

 

 お金を払えばインターネットに接続することもでき、ANAの機内ネットとかはメチャクチャ遅い!と不満が続出していますが、UAの機内ネットは結構速かったとか。たしか1フライト17ドル弱だったので1700円とかで、僕は使いませんでしたが。

 

20161118-02

20161118-03

 

 でもお金を払わなくても、機内エンターテインメントだけじゃなくフライト情報も見ることができます。

 

 どの辺を飛んでいるかという地図と、出発時刻と到着予定時刻がリアルタイムで表示されます。シカゴ発は夜の8時50分にゲートを出発して離陸体制に入ったものの、眠たかったので寝ていたらいつの間にか滑走路に向かう途中で止まって、ゲートに引き返してなにやら作業が始まってしまい、結局10時20分まで掛かって1時間30分遅れで出発しました(涙)。

 

 でも機内で寝てても自分のiPhoneを見ればすぐに現在地とかあと何時間あるかとかすぐに確認できるのは良かったですね。

 

(text and photo by 米家 峰起)

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。