REGULAR【連載】

20151221-01

 

 以前にも書いたことがあるかもしれませんが、僕は“耳かき”が大好きです。“耳かきスト”です。基本的に旅の荷物は最小限に抑えるのが僕の主義ですが、それでも海外に行くときも耳かきは必ず持っていきます。なんせ、海外では欲しくなっても買えませんから。

 

 自宅にいるときだって、耳かきのリラックスタイムは不可欠です。

 

 そんな大切な耳かきなんですが、なんと先日、先端が欠けてしまっていました。地味にショックです。

 

 ひとくちに耳かきと言っても、それぞれに結構な違いがあるんです。先端部分のお皿の形状だったり、エッジの厚さや立ちかた、柄の部分の太さやしなりかたなど、千差万別。その中で自分の耳に合ったお気に入りの一品を見付けるのは、そう簡単なことではないんです。

 

 市場にはいくつか定番のメーカーさんの耳かきがありますが、僕が気に入って使っていたのはそうではない商品で、ネットで検索したり、いくつかお店を回ってみたりしましたが、今はもう販売されていないようです。あのフィーリングはもう二度と戻って来ない……残念すぎます。

 

 同じメーカーの同じ商品でも、生産地によってフィーリングが違ったり、結構微妙みたいです。シンプルなようでいて奥が深い。それが耳かきの世界なんです。

 

(text and photo by 米家 峰起)

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • youchann7
    • 2015年 12月 21日

    巣鴨のとげ抜き地蔵のところに、露店みたいなところでオーダーメイドで作ってくれるところがあると聞いたことがありますが…ご存知ですか?

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年12月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031