F1物欲番長

20141024-01

 

 拙者は悲しい! ひっじょぉ〜〜〜〜〜〜に悲しい! 悲しくて悲しくて夜も眠れない! いや、何が悲しいって、鈴鹿でマンちゃんの走りが見れなかったことだ! くわっ!

 

 大英帝国の愛すべき息子、荒法師と恐れられたマンちゃんことナイジェル・マンセルが、鈴鹿にやって来て、しかもヒゲも復活! うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ! あの時代に熱狂した拙者世代にはたまらん!!! 鈴鹿サーキットで売られたマンちゃんの付けヒゲも、限定555個じゃなかったら拙者が何百個か箱買いしたかったところだ!!! まぁ、ファンの皆さんにご迷惑をおかけしたら申し訳ないので、1個だけにしておきましたけど・・・(グスン)。

 

 しかぁ〜〜〜し! 懐かしのウイリアムズFW11でのデモ走行が予定されていた決勝が台風のクソ野郎のせいで雨になり、なんとデモ走行はキャンセル! 台風なんか来てんじゃねぇぞ、ゴルァァァァァァァァ! と考えつく限りの悪態をついたのは拙者だけではなかったはず! え、そんなことしてませんって? スイマセン、興奮して盛りすぎました(ペコリ)。

 

 そんなわけで、とてつもなくおおきな喪失感を抱いたまま鈴鹿を後にした拙者は、行きつけの神保町・書泉グランデで巨大なマンちゃんの表紙を発見したその瞬間、脊髄反射で10冊を握りしめてレジへダッシュして無意識のうちに財布を開いていたのだった。それがこの『F1MODELING』だっ!

 

20141024-03

 

 年4冊発行されているF1雑誌で、とにかくデカい! 脅威のA3サイズ! 普通のA4の倍! 本棚に入らない! 本屋でも入る手提げ袋がない!

 

 とまぁ、半端ないデカさなのだが、だからこそ誌面を飾る写真の迫力もスゴい! しかもノスタルジーたっぷりの当時のハイクオリティな写真が大量に! うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ! スゲェェェェェェェェェェェ! 昇天!

 

20141024-04 20141024-06 20141024-05 20141024-07

 

 マンちゃん特集の今号は、ロータス時代に始まって、ウイリアムズ・ホンダ時代、フェラーリ時代、そしてウイリアムズ・ルノー時代、最後に復帰してからのFW16とマクラーレンまで網羅。当時のマンちゃんのポートレートからマシンのディテールまで、とにかく写真の情報量はハンパないのだ!

 

20141024-08

 

 さらに、おぐたんこと小倉茂徳氏が旧友としてマンセルを語る回顧録も収録していて面白い。

 

 もうお腹いっぱい!というくらいにマンちゃんを満喫できて、拙者は大満足なのだ。ありがとう『F1MODELING』! ぶっちゃけ、最近リニューアルした某F1専門月刊誌の特集は内容も薄いしページ数も薄いし最悪だっただけに、救われたぞ!

 

20141024-0920141024-02

 

 あ、もちろん最新のF1マシンのテクニカル写真も入ってます。値段は1722円(税抜)とちょっと高めだが、この迫力とボリュームなら買って絶対に損はなし! マンちゃんファンなら読む用と保存用と飾る用と人に見せる用とマンちゃんにサインをもらう用の5冊を買うべしっ!

 

(text and photo by 物欲番長)

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年10月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031