2018 Rd.2 BAHRAIN

20180410-17

 

 4月8日、FIA F2の開幕戦バーレーンラウンドのレース2(23周)が行なわれ、6番グリッドからスタートしたアルテム・マルケロフ(ロシアンタイム)が逆転で優勝した。

 

 スタートでARTの2台とアルジュン・マイニ(トライデント)がストールするなど混乱が生じ、リバースグリッドでポールポジションに就いたマキシミリアン・ギュンター(アーデン)は3番グリッドのニック・デ・フリース(プレマ)にスタート加速で抜かれ、デ・フリースが首位をキープしてレース序盤をリードした。

 

 しかしデ・フリースはレース2には珍しい1ストップ作戦を前提にプッシュしており、9周目にピットイン。これでソフトタイヤに履き替えて昨年のシャルル・ルクレールのようなオーバーテイクショーを目指すが、そこまでの勢いはなく5位まで追い上げるのがやっとだった。

 

 純粋なペースではマルケロフの方がギュンターを上回っており、5周目のターン4でオーバーテイクに成功。マルケロフはデ・フリースのピットインで首位に立つと、そこからはミディアムタイヤを最後まで保たせる巧みな走りで2秒のギャップをコントロールしながらトップでチェッカードフラッグを受けた。

 

 ギュンターは逆にセルジオ・セッテ・カマラ(カーリン)やレース1を圧倒的な速さで制したランド・ノリス(カーリン)らの追い上げを受け、なんとか2位を守り切るのがやっとだった。ノリスは3周目に一瞬失速する場面があり順位を落とすが、速さを取り戻して5位でフィニッシュしドライバーズランキングの首位に立った。

 

 レース2のリザルトとドライバー/チームランキングは以下の通りとなっている。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年4月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30