2018 Rd.2 BAHRAIN

20180410-04

 

 FIA F2の開幕戦バーレーン、レース2を19番グリッドからスタートした牧野任祐は、5周目に前走車に追突するかたちでフロントウイングを壊してしまい万事休す。前走車の失速が原因だった。

 

 開幕前に不安を抱えていた予選一発の速さは力が確認できたものの、自信があったはずのロングランが振るわず苦戦。FIA F2で初めてのレース週末を終えた牧野は、まだまだ課題が残されている様子だった。

 

ーーレース2はスタートで混乱がありましたが、そこには巻き込まれずレース序盤を戦いました。

「後方グリッドだったのでグリッドに就いてからシグナルが灯るまでの時間が短くて、クラッチのフィーリングを確かめるのがあまり上手く行かなかったんです。だからスタートはあんまり良くなかったです。前で何台か止まっていたのでそこを抜けて行ったんですけど、最初から『ペースを抑えて走れ』って言われていたので、そのつもりでずっと走っていました」

 

ーーそして5周目のターン1で追突してフロントウイングにダメージを負ってしまいました。

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年4月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30