2018 Rd.2 BAHRAIN

20180410-01

 

 FIA F2の開幕戦バーレーンのレース2で18番グリッドからのスタートを強いられた福住仁嶺だったが、スタートで3台がストールしたこともあって混乱を縫うかたちで一気に10位までポジションアップ。

 

 そのまま最後までポジション争いをしながら8位でフィニッシュし今季初ポイントを獲得したが、本人としては全く納得のいかないレースだったようだ。

 

ーーレース2は後方グリッドからのスタートでしたが、8位フィニッシュで今季初入賞を果たしました。

「今日は何もしてないですよ、前の何台かが消えていって順位が上がっただけですよ。良かったのはスタートだけですね。(前でストールしたマシンがいて)挟まれてフロントウイングが当たったんです。その後のペースがあんまり良くなかったし、完走できただけ良かったかなっていうところです」

 

ーーペースが上がらなかったのはタイヤをマネージメントしていたから?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年4月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30