2018 Rd.2 BAHRAIN

20180407-06

 

 FIA F2の開幕戦バーレーン、レース1で牧野任祐は8番グリッドから好発進を決めたが、スタート直後のバトルで行き場をなくしてやや後退。そこからは淡々と走り後半の追い上げに備えていたと言うが、他車に接触されてパンクで後退。

 

 悔しい開幕戦となってしまった牧野に話を聞いた。

 

ーー初めてのFIA F2のレースはどうでしたか?

「スタートが一番心配だったんですけど、スタート発進自体は上手くいきました。僕はターン1に向けてアウト側に行きたかったんですけど、でも(斜め前の)仁嶺も良いスタートを切っていて真ん中に来たんで行き場がなくなってイン側しか行くところがなかったんで、それが厳しかったですね。奥のヘアピン(ターン4)でギュンターがインのインまで飛び込んで来てぶつかって、2人でちょっとはみ出すようなかたちで、僕はどうしようもありませんでした。それでポジションを落としてしまったんです」

 

ーーピットレーンからグリッドに向かう時にはクラッチの調子が悪くなかなか繋がらない様子だったけど、それは問題なかった?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年4月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30