2018 Rd.1 AUSTRALIA

20180328-01

 

 オーストラリアGP予選、Q1最後のアタックラップでミスを犯して僅か0.029秒差でQ2進出を逃したブレンドン・ハートリーは、悔しさを滲ませながらもマシンのポテンシャルそのものには前向きな表情を見せ、決勝に向けて「ポイント獲得はまだ諦めていない」と語った。改めて、予選後の彼のコメントを全てお届けしよう。

 

ーー予選16位、Q1敗退という結果になりました。

「最後のランではマシンのフィーリングは良かったしポジティブな面もあったけど、16位という結果に終わってしまったことに対しては少しフラストレーションを感じているよ。0.1秒でも速ければQ2に進めていたわけだからね。路面がすごくグリーンだったから最初は2タイムドラップの2ランを予定していたんだけど、他のクルマたちがそれとは違った戦略で予選を戦っているということが分かったからQ1の途中で僕らも戦略を変えて、2回目のランは終了直前に1タイムドラップで行くことにしたんだ。それ自体は正しい決断だったと思う。(セッションが進む中での)路面の向上幅がすごく大きかったからね」

 

ーー完璧なアタックだった? それとも何かミスがあったのでしょうか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年4月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30