2018

VF-18-02

 

 2018年2月14日、ハースは2018年型マシンVF-18のCG画像を発表した。実車は2月26日のバルセロナ合同テスト初日にピットレーンで披露することになる。

 

 一見して分かるように、VF-18は前年型からの正常進化型。ギュンター・シュタイナー代表も「2017年からレギュレーションが変わっていないから、VF-18は昨年型の正常進化型だ。発明するというよりも洗練させるといった方が正しいだろう。マシンには昨年も使用していたパーツが引き続き装着されているのが分かるだろう」と説明している。

 

 HALOを搭載し空力面およびメカニカル面のディテールを煮詰めているが、最大のポイントはマシンの軽量化にある。それによってバラストの搭載量を増やし、重量配分セットアップの幅を広くする。昨年サーキットによって成績が良い時もあれば良くない時もあったのは、こうしたセットアップ幅の狭さに一因があったと考えているからだ。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2018年2月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728