2017 Rd.18 MEXICO

20171028-11

 

 メキシコGP予選Q1で5番手タイムを記録したフェルナンド・アロンソが「今回は僕たちの車体がベスト」と語ったが、これが真実かどうかを検証してみよう。

 

 まずQ1でアロンソは1位ルイス・ハミルトン(1分17秒518)から0.192秒差の1分17秒710を記録した。しかし3位マックス・フェルスタッペン(1分17秒630)と4位セバスチャン・フェッテル(1分17秒665)はスーパーソフトタイヤを履いており、スーパーソフトとウルトラソフトのパフォーマンス差が約0.6秒あるため、実際には首位はフェルスタッペンで、実質的にアロンソとは0.680秒の差があったことになる。

 

 アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスは低速コーナーが多いため全開率が50%に達しないほど低く、1周が80秒弱と短いこともあって、パワーエフェクト(パワー差がラップタイムに与える影響)は0.12〜0.13秒/10kWとかなり小さい。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。