2017 Rd.18 MEXICO

20171027-03

 

ーーまず今週末に2台揃って新品のパワーユニットを投入しましたが、これについて説明をお願いします。

「今日から2台ともスペック3.8を投入して、これをなるべく使わないでセーブして残り2戦に新品に近い状態で残しておくことにしました。残り2戦でペナルティもなくフルに戦うために、戦略的にここで投入したかたちです。残り2戦は(マシン特性として)ここよりは全然良いだろうと考えていますから。今シーズンはこれで最後の新品コンポーネント投入になります」

 

ーーFP-1ではストフェル・バンドールンが3周しか走ることができずにパワーユニット交換となりました。

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (3)
    • konidin
    • 2017年 10月 28日

    “魔法の使い方”は、設計時の想定には入ってなかった、ということか…..
    もしくは、この使い方を考えてはいたが、そこまでMGU-Hにダメージがあり得るとは考えていなかった、ということか….

    今年のPUでの各コンポーネントの仕様バランスは、去年ほどは良くない….
    というのも、結構、時間ギリギリでやってるから、技術的に詰め切れる前に投入せざる得ないからなんだろうな….

    まぁ、来シーズンへの肥やし、ということで…..

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2017年 11月 08日

      “魔法の使い方”はベルギーから出て来たアレですが、それをやらなくてもTCへのオイルや水の微粒子の混入はあるんですね。その数値が高くなるとベアリング周りが逝ってしまうことが多いようで。タービンとモーターを繋ぐシャフトに掛かる負荷なんていうのはシミュレーションでは再現が難しいところなので、結局はトライ&エラーを繰り返すしかないんですが、開発が半年遅れてしまったのはICEだけでなくTC/MGU-Hも同じだったということですね。

        • konidin
        • 2017年 11月 08日

        長くなったシャフトのたわみや振動は、確実にベアリングに影響してるんでしょう。
        シャフトを軽量化のために中空にしても、剛性も確保せねばならず、そこのバランスは、これまでのホンダの技術領域にはなかったことでしょうからね….

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930