2017 Rd.17 UNITED STATES

20171023-01

 

ーーストフェル・バンドールンのパワーユニット交換ですが、日曜の朝になって交換を決断するに至った経緯はどんなものだったのでしょうか?

「データ的には土曜のフリー走行から少しずつ悪化傾向にあることは分かっていたんです。(走行距離の増加に伴うライフの減少を表わす)ダメージモデルとしてはかなりダメージが蓄積して劣化いるということは分かっていましたが、その傾向から考えれば今週末のレースは走り切れるだろうと考えていました。ですからそのまま行こうと思っていました。しかし日曜の朝になってエンジンがけをしたときのデータを見ると、思っていたよりもその劣化傾向が早く進行しているようだということが分かり、このままではレースを完走できない可能性も出てきました。おそらく保つだろうとは思いますが、ちょっとギリギリの線でした」

 

ーー交換するかしないかはマクラーレンともかなり議論したんでしょうか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • turbo
    • 2017年 10月 25日

    最後の質問は、自分がホンダに聞きたかったことでもあった。

    大きなお世話かも知れないが、、ホンダはこんなことをしていたら来年はおろか、今年の残りもダメなんでは…と思う。

    意地というものはないのか?

    9月の記事で、来年は「マクラーレンはミラーでしか見ないよww」みたいな冗談をMS部長とかが笑顔で言ってたとかいないとか。。

    マクラーレンはやりずらいチームだったかもしれないし、結果が出なかったのはPUだけの問題ではなかったのも事実でしょうけど、でも、シーズン終盤の今に至っても結局、自分たちのPUの素性を理解できていないっていう現状があるわけですから。。

    ルノーの「絶対に1番になる」っていう姿勢と進化を見ると、
    やはり、来年マクラーレンルノーから笑われるのはトロロッソホンダなんじゃないかな。

    PUかギアBOX辺りを見つめる写真のホンダの人、「なんで?なにがダメなんだよ…はぁ~…」って感じですし。笑顔じゃなくてもいいんですけど、来年イケそうな表情してないんですよね。
    でも期待してますけどね。。

    • MINEOKI YONEYA
      • MINEOKI YONEYA
      • 2017年 11月 08日

      写真のホンダの人が現場統括の中村エンジニアですね。現場の人としては、Sakuraから送られてくるものをできるだけ性能を発揮できるよう運用するしかないので、本当に忸怩たる思いだと思います。中村さんはかなりSakuraにもハッパを飛ばしているみたいですが、トラブルが出て対策したはずのものがまた壊れたり、部品ロットの問題で突発的に壊れたり、現場は本当にやりきれない思いでやってますよ。それがきちんとSakuraに伝わり、Sakuraも同じ気持ちで戦っているかどうかというと、どこまでなのか分かりませんが……。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930