2017 Rd.17 UNITED STATES

MCL32-USA-01

 

 マクラーレン・ホンダはUSGPに新型フロントウイングを投入した。ただし金曜フリー走行では1セットのみしか用意されておらず、その効果も完全に確認することはできなかったようだ。

 

 新型フロントウイングは1セットしかないため、当初はフェルナンド・アロンソのマシンに搭載してデータ確認による風洞&CFDコラレーションの確認などが行なわれる予定だった。しかしインターミディエイトタイヤで3周したところでハイドロ系トラブルが発生しFP-1はほぼ走ることができなくなってしまったため、チームは急きょ走行プログラムを変更しストフェル・バンドールン車に搭載してフロービズによる確認作業などを行なった。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。