2017 Rd.16 JAPAN

20171016-00

 

 2017年第16戦日本GPは、ルイス・ハミルトンがポールトゥウイン。スタートで2位に上がったマックス・フェルスタッペンが追いすがったものの仕掛けるまでには至らなかった。タイトル争いを考えれば絶対に負けられなかったはずのフェラーリ勢は、セバスチャン・フェッテルがスパークプラグのトラブルでリタイア、キミ・ライコネンはFP-3でのクラッシュでギアボックス交換を強いられ上位争いに加わることができなかった。

 

 中団勢ではフォースインディアが6位・7位、ハースが8位・9位とダブル入賞。フェリペ・マッサがペースダウンに苦しみながら10位を守り、マクラーレン・ホンダは最後尾から追い上げたフェルナンド・アロンソがマッサを抜ききれず11位、ストフェル・バンドールンはスタート直後の接触で後退して14位に終わった。

 

 鈴鹿で実際に速かったのは誰だったのか、全ドライバーの全ラップタイムと、全ドライバーのギャップ分布を記したヒストリーチャートで読み解いていく。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。