2017 Rd.16 JAPAN

AERO-JPN-01

 

 鈴鹿サーキットはセクター1などの高速コーナーでダウンフォースが必要とされる一方で、西ストレートを中心に直前区間も多く全開率の高いパワーサーキットでもあり、ダウンフォース量と空気抵抗のバランスは難しい。そのためいくつかのチームは複数のリアウイングを比較し、マシンのフィーリングを確認すると同時にライバルとの最高速を比較して空力パッケージの選定に頭を悩ませた。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。