2017 Rd.16 JAPAN

20171011-05

 

ーー今回もダブル入賞で、これでイタリアGPから4戦連続になりました。

「今回は割と楽に獲れましたね。マシンパッケージという意味で、今回はそこそこ良かったと思います。鈴鹿は昔に比べて全開率が上がってパワーユニットが効くサーキットですが、セクター1のタイムの出方を見ても(車体としても)ポジティブでしたしね」

 

ーー1ストップ作戦が主流でしたが、これはレース前から決め打ちでしたか?

「本当に全力でプッシュしたら2回ストップの方が速かったと思いますけど、周りを見て1ストップ作戦にしたというかたちです。上(3強チーム)には追い付かないし、下に追い付かれることなく確実にあのポジションをキープするには、あの戦略が一番無難だったということですね。最初から1ストップ作戦の決め打ちではなく、周りの出方を見て決めましたね。自分たちのデータとドライバーからのフィードバックを合わせて(1ストップでも2ストップでも)どちらでも行けるだろうと考えていましたけど、我々のポジションをキープしてフィニッシュするにはあの作戦が一番無難だろうと判断して、あとはドライバーにペースをコントロールしてもらってタイヤをマネージメントしたというわけです」

 

ーースタートで3位に上がりましたが、表彰台争いはあまり考えていなかった?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。