2017 Rd.16 JAPAN

20171007-01

 

 金曜の走行後にフェルナンド・アロンソのパワーユニットに問題が見つかり、マクラーレンとホンダは新品への交換を決めた。これで35グリッド降格ペナルティを科されることになったが、これは日本GPよりもUSGPを重視し鈴鹿でのペナルティ消化を選んだためだ。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • konidin
    • 2017年 10月 09日

    補機類へのアクセスの悪さは、ホンダの市販車も同じ…
    最初に買った、80年式のCivicも悪かった…
    今は良くなってるんだろうか….
    最近、ホンダ車に乗ってないから分からない…
    最近のはユーザーがいじれないか…

コメントするためには、 ログイン してください。