2017 Rd.16 JAPAN

DKERB-JPN-01

 

 今年の鈴鹿サーキットはターン1と2のアウト側に、世界各地のサーキットに続々と導入されている“ダブルカーブ”と呼ばれる2段式縁石が導入された。

 

 コースをはみ出してアスファルトのランオフエリアまで使ういわゆるトラックリミット違反を防止するための方策として開発されたのがこのダブルカーブで、1段目は通常の縁石、2段目にはさらに高さのある縁石、そしてその外側には2段目よりさらに高くランオフエリアがせり上がるような構造で、トラックリミットを超えてはみ出せば車体が底を打ち減速を余儀なくされるようなかたちになっている。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2017年10月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031