2017 Rd.14 SINGAPORE

20170923-05

 

 全開率が46〜48%程度と低く、パワーセンシティビティが0.1秒/10kWを下回るほど小さいシンガポールのマリーナベイ・ストリート・サーキットだけに、マクラーレン・ホンダはシンガポールGPを最重点レースと位置づけ好成績を期待して臨んだ。しかし予選ではルノーのニコ・ヒュルケンベルグに負けて8位・9位、決勝でもトロロッソのカルロス・サインツとフォースインディアのセルジオ・ペレス、ルノーのジョリオン・パーマーに逆転され、上位勢が3台も自滅したにもかかわらずストフェル・バンドールンが7位入賞を果たしたのみだった。

 

 MCL32の車体性能はトップレベルとは言えず、土曜予選後のMeet the Teamでその点を突っ込まれたエリック・ブリエも「ここはGPS信号が不安定で正確な分析が難しいが、車体としても4番目だったと言うべきかもしれない」と認めざるを得なかった。

 

 では、MCL32の車体性能はマリーナベイ・ストリート・サーキットでトップからどれほど後れを取っていたのだろうか。全マシンの車体性能比較を元に分析してみよう。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2017年10月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031