2017 Rd.11 HUNGARY

20170814-00

 

 2017年第11戦ハンガリーGPは、ポールポジションからスタートしたセバスチャン・フェッテルがステアリングトラブルでペースを上げられず苦戦し、中盤以降はメルセデスAMG勢とマックス・フェルスタッペンも含めて上位5台が連なる中で逃げ切って優勝。メルセデスAMG勢はポジションを入れ換えルイス・ハミルトンにキミ・ライコネン攻略をトライさせたものの逆転できず、最終的にはバルテリ・ボッタスに3位を返した。

 

 後続では予選ではマクラーレン・ホンダ勢とルノーのニコ・ヒュルケンベルグが3強に次ぐポジションを争い、決勝ではスタートで前に出たトロロッソのカルロス・サインツとフェルナンド・アロンソのバトルとなったが、最後はアロンソが6位を奪取。マクラーレン・ホンダは今季初のダブル入賞を果たした。

 

 ハンガロリンクで実際に速かったのは誰だったのか、全ドライバーの全ラップタイムと、全ドライバーのギャップ分布を記したヒストリーチャートで読み解いていく。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930