2017 Rd.10 GREAT BRITAIN

20170723-00

 

 2017年第10戦イギリスGPは、ルイス・ハミルトンが独走でポールトゥウイン、バルテリ・ボッタスもギアボックス交換による9番グリッドから2位まで挽回するなどメルセデスAMGが圧倒的な強さを見せた。一方フェラーリは2台ともにタイヤトラブルに見舞われたとはいえ、全体的にメルセデスAMGに対抗できる速さがあったようには見えなかった。レッドブルはマックス・フェルスタッペンが表彰台を狙う走りを見せたが、安全策で最後にタイヤ交換を行なったため4位に終わった。

 

 シルバーストンで実際に速かったのは誰だったのか、全ドライバーの全ラップタイムと、全ドライバーのギャップ分布を記したヒストリーチャートで読み解いていく。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2017年10月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031