2017 Rd.10 GREAT BRITAIN

20170715-04

 

ーーQ1の終了直前にドライタイヤでアタックに入りトップタイム路を記録しました。

「路面コンディションとしてはギリギリの線だったけど、正しいコールができて良かったよ。でも(Q1の1位という)それ自体に大きな意味はないよ。路面がまだダンプだったけど決勝で同じようなコンディションになった時のためにダンプ路面でのドライタイヤのフィーリングを確認しておきたかったんだ。観客席の人たちが立ち上がって拍手をしたり歓声を送ってくれていてファンの人たちに喜んでもらえたのは良かったし、彼らもマクラーレンが久々にトップに立つというのが見られて喜んでもらえたと思う。度重なるパワーユニット交換などピットガレージで懸命に働いてきたスタッフたちもこの結果に値すると思う。でも大切なのは明日だからね」

 

ーーアタックに入ったのはどのくらいギリギリでしたか?

「どうだろう、僕の印象だと10mとかそのくらい? 0.1〜0.2秒の差だっただろうね。本当にギリギリだったよ」

 

ーー1位になった瞬間は嬉しかったですか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。