2017 Rd.9 AUSTRIA

20170708-01

 

ーーまず金曜の走行後にフェルナンド・アロンソのMGU-Hにトラブルが見つかってスペック2に交換することになりましたが、これは予想外のトラブルだったんでしょうか?

「予想外と言いたいところですけど、今のところMGU-Hは信頼性が万全と言える状況ではありませんからね……。対策そのものはベンチでは間違いなく効いています。でもサーキットで実走するといろんなことが起きてしまうということなんです」

 

ーー具体的にはどのような症状だったんでしょうか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • konidin
    • 2017年 7月 09日

    前の熱延びも、このオイル混入も、起こり得る事態を想定していないか、想定したレベルが低すぎた、と言うことですよね。
    それが、言われている経験不足から来るのだったら、今後もしばらく、年単位で続くことになる。問題そのものは、エンジンの燃焼などの本質的な問題ではないのは救いだけど、昔と違って、使えるエンジンや主要コンポーネントの数に制限があって、そのペナルティがグリッド降格、という状況下、これはかなりマズイ。長谷川さんは頭が痛いでしょうね。

コメントするためには、 ログイン してください。