2017 Rd.8 AZERBAIJAN

20170630-00

 

 2017年第8戦アゼルバイジャンGPは、度重なるクラッシュとセーフティカー、赤旗、ルイス・ハミルトンとセバスチャン・フェッテルの後退で大混戦の展開となり、レース序盤にブレーキダクト清掃のため後退したダニエル・リカルドが優勝、1周目の接触とパンクで一時は周回遅れになったバルテリ・ボッタスが2位、ランス・ストロールが3位という結果になったが、実際に速かったのは誰だったのだろうか。

 

 全ドライバーの全ラップタイムと、全ドライバーのギャップ分布を記したヒストリーチャートで読み解いていく。すると、優勝を決定づけたのは赤旗中断からレース再開となった24周目の1コーナーの攻防だったことが分かった。もしあそこでリカルドがストロールを抜くワンチャンスをものにしていなければ、ストロールが優勝していた可能性もあったのだ。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31