2017 Rd.8 AZERBAIJAN

20170623-01

 

 アゼルバイジャンGPに“スペック3”を投入したもののFP-2の最後に派手に白煙を上げてストップ。フェルナンド・アロンソ自身が「エンジン、エンジン!」と言ってマシンを止めたためまたしてもエンジントラブルと思われたが、実際にはギアボックストラブルだった。

 

 その余波が思わぬかたちで現われそうだ。ホンダは新スペックの出力向上が期待通りのものであったことを確認したものの、ギアボックストラブルによる影響を考慮して土曜日以降は旧スペックに戻し、場合によってはこのICEはもう二度と使えない可能性もあるという。

 

 スペック3の感触とトラブルについて、ホンダの長谷川祐介F1総責任者に聞いた。

 

ーーまずフェルナンド・アロンソ車がFP-2で止まってしまいました。何が起きたんでしょうか?

「駆動系ですね。どの部品が壊れたのかはまだ知りませんが、完全に壊れていたみたいですね。エンジンではないです」

 

ーーギアボックストラブルでもあんなに白煙が上がるものなんですか?

「多分、漏れ出たギアボックスオイルがエキゾーストに掛かったとかで燃えたということだと思いますね」

 

ーーこれによるパワーユニット側への影響はない?

「あります、それが気になっていることです。全開で走っている時にギアボックスが壊れて完全に駆動がすっぽ抜けちゃったので、瞬間的にオーバーレブしているんです。明らかにオーバーレブしちゃってます。交換によるペナルティがあったとしても(すでにたくさん受けているので)全然気にしないんですけどね(苦笑)」

 

ーーオーバーレブというのはどのくらいのレベルのものだったんですか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31