2017 Rd.7 CANADA

20170613-01

 

 カナダGP決勝でフェルナンド・アロンソ車のICEがブローアップしたことについて、決勝直後の段階では詳細な原因が不明だったものの、遠因になったのではないかと疑われる事象があったという。決勝中に無線で「3速から4速へショートシフトしないでくれ」という指示が飛んでいたことと関連がある。

 

 使用していたのはスペインGPのFP-2から投入した今季3基目のエンジンで、モナコGPでは木曜のMGU-Hトラブルを受けて土曜以降はスペアとして用意されていた2基目に交換したため、決勝を走るのはカナダGPがまだ2戦目で、マイレージ的な問題はなかった。

 

 アロンソの無線交信は21周目に放送され、アロンソが「どこでやったっていうんだ!」と憤りの声を上げていたが、実際に問題になったのはスタート直後のセーフティカー走行中と11〜14周目のVSC走行中だった。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • konidin
    • 2017年 6月 14日

    共振周波数かな?

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年9月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930