2017 Rd.5 SPAIN

GUIDE-ESP-01

 

【アクセス】直行便なし、欧州経由か中東系で。

飛行経路:日本からバルセロナへの直行便はありません。イベリア航空(マドリッド)、ブリティッシュエアウェイズ(ロンドン)、エールフランス(パリ)、ルフトハンザ(フランクフルト、ミュンヘン)、アリタリア(ローマ)などヨーロッパの航空会社か、日本のJALやANAで、各地でヨーロッパ圏内線に乗り継ぎしてバルセロナ入りします。

 

 それ以外でもエミレーツ(ドゥバイ)やカタール航空(ドーハ)、ターキッシュエアラインズ(イスタンブール)、アエロフロート(モスクワ)などの航空会社でバルセロナに入るルートもあります。最安は中国国際航空(北京)で安ければ6万円台で行くこともできますが、北京から先はオーストリアのウィーンで一度ストップしてからのバルセロナ入りなので少し時間がかかります。エミレーツもほぼ同じくらいの安さですが、こちらもドゥバイまで12時間、そこから6〜7時間と結構な時間がかかります。

 

入国情報:ヨーロッパ内はシェンゲン協定が結ばれているので、旅行上は国内扱いです。ヨーロッパ系航空会社を利用した場合は、最初の到着地でヨーロッパ入国となります。日本人なら90日以内の滞在ならビザは不要です。日本人に対してはどの都市も入国審査は寛容ですが、税関のチェックも含めればドイツは少し厳しめで、イタリアやフランスはパスポートを出すだけでほぼノーチェックでスタンプが押される感じです。

 

 欧州系以外の航空会社を使うと、バルセロナに到着したところでヨーロッパ入国となります。バルセロナは欧州圏外線が少ないので、入国・出国審査も混んでおらずスムーズです。

 

GUIDE-ESP-02

 

【ホテル】選択肢は豊富、超高級から安宿まで

 観光が盛んなスペインの最大都市とあって、ホテルは無数にあります。それも超高級から安価なホテルまで様々です。物価の安いスペインなので、1泊50ユーロ(約6,000円)程度でまずまずのレベルのホテルに宿泊できます。

 

 サーキットへのアクセスを考えれば、国鉄RENFEのR2線周辺がお勧め。R2線は空港にも直結です。バルセロナ市街中心地でいえば、バルセロナ・サンツ駅、パセジ・ダ・グラシア駅あたりが良いでしょう。

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31