2017 INDY500

20170504-05

 

 5月3日、インディ初テストを終えたフェルナンド・アロンソが、その感想を語った。計110周を走行し、ベストラップは40.4408秒、平均時速222.548mphだった。

 

 午前の5回の走行でROPをクリアした後、アロンソは予定されていたランチブレイクを取らずにわずか30分弱の休憩で早めに午後の走行を開始。午後に雨の予報が出ていたため、予定を前倒ししてテストプログラムを進めた。

 

 午後の走行ではペースを上げるとともに、脚回りのセットアップ変更を行なってその反応を確認したり、戦略上重要となるドラフティング(スリップストリーム)を使った燃費セーブの確認をしたり、セーフティカーランのスロー走行を行なったりといったプログラムをこなした。午後4回目のランでは新品タイヤを投入し、ショートランでタイムアタックを開始。このランでは221.721mphを記録、次の5回目のランでこの日の自己ベスト222.548mphまで記録を伸ばした。

 

 7回のランを行なったところで、ROPに割り当てられた2セットのタイヤを使い果たし、アロンソは一度マシンから降りる。これでテストは一旦終了となったが、アロンソはまだ走行を重ねたいという意向を持っていた。この時点でのQ&Aでは以下のように答えた。

 

ーー午前に続いて午後に34周を走り、新品タイヤも試しましたが、感想は?

「風が強くて最後のいくつかのランではその影響が出てしまったけど、こういう問題を経験しておくのも重要なことだと思うよ。今のところは全てが上手くいったよ。もうタイヤを使い果たしてしまったから、この後はどうするか話し合っているところだよ。僕としてはピットの入口や出口のこととかもっと経験を積んでおきたいという気持ちもあるし、できるだけ走りたいんだけどね。この後には雨が予想されているから、走行時間は限られてしまうと思うよ」

 

ーー問題は雨ですか?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2017年5月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031