2017 Rd.3 BAHRAIN

20170419-01

 

 開幕3戦目にして2度目の敗北を喫した王者メルセデスAMGだが、これはグリッド上での発電機の故障やホイールガンの誤作動、ピットイン時のペナルティや第1スティントでセバスチャン・フェッテルに前に行かれてチームオーダーが発令できなかったことなど、様々な「小さなロス」の積み重ねによるもので、レースペース自体がフェラーリに劣っていたわけではないという。

 

 トト・ウォルフにバーレーンGPの敗因、そしてバーレーンGPでのチームオーダー発令と、今後の発令の可能性について聞いた。

 

ーーポールポジションからスタートしたバルテリ・ボッタスはスタート直後にペースが伸び悩みました。タイヤのオーバーヒートを訴えていたようですが、開幕戦の問題が再発したのでしょうか?

「スターティンググリッド上で発電機が壊れていたんだ。そのためにタイヤウォーマーが正常に機能せず、タイヤを想定通りの温度に温めることができなかった。(その冷えた状態で最低内圧に設定しなければならなかったため)走り始めたときには通常よりも高い間違った内圧になってしまっていたんだ。さらにセバスチャン(・フェッテル)が2位に浮上してバルテリの背後にピタリと付いて走ったことで、我々はアンダーカットの脅威にさらされることになった。実際、彼らはかなり早い段階で動き、ピットインしてアンダーカットを成功させたんだ。それがレースを決定づけることになってしまった」

 

ーーピットストップが6秒台と遅かったのは?

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Calendar【日付で記事検索】

2017年4月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930