2017 Rd.3 BAHRAIN

20170418-05

 

 バーレーンGPで立て続けにMGU-Hのベアリングトラブルに見舞われたマクラーレン・ホンダだが、これはバーレーン特有の問題であった可能性が高いとみられている。

 

 現象としては、コンプレッサーから繋がるMGU-Hの回転軸に据え付けられたベアリングが焼き付いた状態となり、これが上手く回転しなくなることでMGU-H内部を徹冷却水のシーリングができなくなり、冷却水漏れが起きて水圧が下がるという状態だった。MGU-Hのベアリング故障によりそこに接続されたコンプレッサーも回転しなくなるため、ICEとMGU-K以外は機能しなくなってしまう。ホンダRA617Hの場合はMGU-Hとコンプレッサーが一体となっているため、MGU-Hだけをオフにして走るということもできなかった(ターボ過給のない1.6リッターV6エンジンのみで走行することになってしまう)。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • ytom
    • 2017年 4月 18日

    貴方 凄く困ってて 何をどう書けば良いのか 解らないのですね

    吸気で砂を吸ったとしても 何をどうして軸にまわるのか? それとも ピット内がそんなに酷い管理なのか?

    内輪もめで足を引っ張り合いか? 単にメカニックがバカなのか? パワーユニットが悪いのか? 

    あまりに走れないので 始まったばかりだけど そろそろF1を見なくなるかもですわ

コメントするためには、 ログイン してください。