2017 Rd.3 BAHRAIN

20170415-07

 

 4月15日、F2バーレーンラウンドのレース1が行なわれ、6番グリッドからスタートした松下信治はズルズルと順位を落として一時は10位まで後退。しかし多くのマシンがプライムタイヤ、オプションタイヤともに大きなタイヤの性能低下に苦しむ中、なんとか順位を上げて8位でフィニッシュ。4ポイントを獲得すると同時に、日曜のレース2のポールポジションを獲得した。

 

 オプションタイヤが8周ほどしか保たないとみられていたのに対し、プライムタイヤもまさかの10周程度での大幅性能低下という波乱の展開を、松下信治に語ってもらった。

 

ーー今日のレース1は、スタートで5位に上がったけど、発進加速自体は良くなかった?

「スタートはホイールスピンが少し多くてあんまり良くなかったんです。でもアウト側に振って1コーナーで突っ込んでいって、なんとかポジションを取り戻しました。そこは良かったですね」

 

ーーソフトが全然保たないとみられていただけに、ほぼ全車がプライムタイヤでスタートしたけど、どのマシンも10周もいかないうちに激しくタレてしまって……。

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年4月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930