2017 Rd.3 BAHRAIN

20170414-03

 

 4月14日、F2の開幕ラウンドとなるバーレーンのフリー走行と予選が行なわれ、新人シャルル・ルクレールが驚異的なタイムでポールポジションを奪った。一方、F1昇格を賭けて3年目のF2選手権に挑む松下信治は、予選6位とやや出遅れてしまった。

 

 マシンのフィーリング自体は良かったという松下に、今日のフリー走行予選、そして明日のレース1について聞いた。

 

ーーF2開幕ラウンドの予選は6位という結果になりました。

「う〜ん、クルマのフィーリングは結構良かったんです。最後のアタックのベストラップで、ターン8で完全にラインを防がれたんで、そこであと0.2〜0.3秒は縮められたかなという気はしますけど、それでもトップには届きませんからね。どうしてこれだけの差があるのか、正直今はまだそれが分からないんで、データを見直しているところです」

 

ーー主にセクター2が伸び悩んでいるようだったけど?

「そうですね、セクター2です。乗っている印象としては、ここが遅いっていう感じではないんです。だから良いところには行けていると思ったんですけど、でもセクター2はプレマだけが驚異的に速いっていうのが現実で。絶対に何か遅い理由があるんで、これからデータを見て分析します」

 

ーー1回目のアタックはターン9で激しくロックして。

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Recent Post【最新の記事】

Calendar【日付で記事検索】

2017年11月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930