2017 Rd.2 CHINA

20170412-00

 

 2017年第2戦中国GPは、ポールポジションのルイス・ハミルトンが終始レースをリードしてポールトゥウインを飾った。しかし上位でただ一人2周目のVSC時にピットに飛び込んだセバスチャン・フェッテルが、4周目のアントニオ・ジョビナッツィの事故によるセーフティカーで不利を被っていなければ、ハミルトン対フェッテルの優勝争いはかなり際どいものになっていたことが想像される。

 

 コース上での追い抜きが困難と言われる今年のF1にも関わらずフェッテルはレッドブルの2台とキミ・ライコネンを抜いて2位まで上がる速さを見せた。それに時間を要してしまったためハミルトンとの直接対決はお預けとなってしまったが、決勝の詳細データを分析しても「今日の最速は僕らだった」という発言は裏付けられている。

 

 全ドライバーの全ラップタイムと、全ドライバーのギャップ分布を記したヒストリーチャートで読み解いていく。

 

こちらの記事は『F1LIFE』有料会員限定のコンテンツとなっています。
続きをご覧になるためには、ベーシック会員・プレミアム会員になって頂く必要があります。
会員登録の方法はこちら

※コース変更の場合は、旧コースの解除手続きを行なって下さい。
お客様の手で解除手続きを行なって頂かなければ継続課金は解除されませんのでご注意下さい。

会員登録する / ログインする(会員の方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Articles

Comment

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. コメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。